ジェイエステティック 産毛処理 Jエステ

産毛処理について

全身に生えているムダ毛。幼少期は産毛だったものが、ホルモンと成長によって濃く太くなることで目立つようになっていきます。

 

ムダ毛も産毛も同じなのですが、少し調べてみると産毛の処理はしない方がいい?という疑問をよく見かけたのでまとめてみました。

 

まず、レーザーや光では産毛の脱毛には効果がないことはほとんどです。
光が反応するのは、黒いメラニン色素です。ほとんどの人は産毛の色が薄い茶色であったり透明であったりします。
このため光もレーザーも反応せず、照射しても脱毛されません。

 

処理をしないほうがいい理由というのは、細かい毛だからこそ、無理に処理をして肌を傷つける可能性が高いからです。

 

特に顔です。化粧のノリをよくするために顔剃りを行う方がいますが、顔は体より皮膚が敏感なため、剃刀で痛めてしまいます。
眉毛のケアと、口周りのムダ毛はエチケットとして処理をするべきですが、他の箇所はあまりいじらない方が良いでしょう。

 

顔は体より皮脂の分泌が多く、毛穴がつまると炎症を起こしてニキビや吹き出物ができます。
一度肌トラブルを起こすとなかなか治らないのも肌の特徴です。

 

ですから、顔のムダ毛処理こそプロの手に任せたいですね。

 

肌を傷めないよう短期で処理をするなら保証を受けながら脱毛を行っているサロンがいいでしょう。

 

また、肌の角質をとる毛穴パックを行うと一部のムダ毛も一緒に脱けることがありますが、無理に引きはがすと必要な角質もとれて肌が乾燥しやすくなるため避けたほうが良いです。

 

もし産毛処理を行うなら、必ず処理後はしっかり保湿して乾燥によるダメージを防ぐようにしてください。